熟年離婚という言葉は、取り上げられだした頃に比べて、だいぶ市民権を得てしまったようです。
熟年離婚といっても、日本人の平均寿命は高いことから、年齢にも幅があります。
高齢者の熟年離婚や慰謝料の請求もありますので、もう年だから離婚なんて切り出されないだろうと、決して油断できないもののようです。

熟年離婚に至る原因

熟年離婚を考える年代が高くなるほど、若い頃には夫が浮気をしても、男の甲斐性という言葉があったり、いずれ戻ってくるから妻は我慢するといったような考え方があり、離婚や慰謝料に直接つながる事態には、あまり至らなかったようです。

夫が定年をしてから、二人きりの生活が待っているという段階を迎えたときになって、やはり熟年離婚したいという妻が増えているのは、大きな理由に「浮気」があるようです。

夫婦だけで水いらずになれても、夫が定年してから20〜30年は老後が続く高齢化社会なので、そんなに長い時間を、自分を裏切った夫と過ごしたいかしら、子供も独立して手が離れているし、残りの人生は自由に生きてみたいという妻が、熟年離婚と慰謝料を切りだすようです。

熟年離婚をしようと考える原因には、相手への信頼感が無いことは大きいのでしょう。

熟年離婚をしても、最近では財産分与に年金も加わり、離婚の際に払われる制度が誕生しているので、熟年離婚の数が上がっています。

熟年離婚をして慰謝料をもらった後の、生活能力は大切なポイントなので、お金の部分で苦労が予想される場合には、考えた方が先々安定できる場合もあります。

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

熟年離婚:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://rikon.mb34.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。